住宅ローン金利比較

住宅ローンのボーナス払いを「絶対」してはいけないワケ

住宅ローンをボーナス払いを考えているあなた、ちょっと待ってください。

住宅ローンのボーナス払いは「絶対」してはいけません。

借りれるお金が増やせる、返済期間を短くできてお得・・・こんな風に思っていたら、それは大間違いです。住宅ローンのボーナス払いはメリットが全くなく、むしろデメリットしかありません。

ボーナス払いよりも安全な支払い方法を取りましょう。

  • 毎月返済額を増やす
  • 数年貯金を貯めて頭金を増やす
スポンサーリンク

ボーナス払いは支払い方法が違うだけ

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30%  35%

住宅ローンには厳格な規定があり、いくらまで借りれるのか、という限度額が決まっています。

例えば、年収600万円の方であれば、年間210万円が返済の限度になります。毎月返済額では17.5万円が上限になります。

毎月返済額 ボーナス支払い 年間支払額
Aプラン 17.5万円 0円 210万円
Bプラン 14.16万円 20万円x2回 210万円

ボーナス払いを選択したとしてもこの上限は絶対に超えることはできません。

Aプランではボーナス支払い無し、Bプランでは年2回のボーナスでそれぞれ20万円支払う契約です。Bプランでは、ボーナス払いをしているため、枚付く返済額を14.16万円以上にすることはできません。

bonus-shiharai

つまり、毎月コツコツ支払うのか、毎月返済額を減らしてボーナスで後から支払うのか、という返済方法の違いでしかないのです。

ボーナス払いをしたからといって、融資額が増えたり、返済期間を短縮することはできません。

審査でボーナス払いをすすめられた

住宅ローンの審査の結果で、希望の融資を受けるために、返済額を増やすようにと言われることがあります。

ボーナス払いで年2回、10万円づつ支払えば大丈夫ですよ。1回のボーナスで40万円もらえるので、10万円くらいならいいか・・・

こんなケースをよく見かけます。でもちょっと待ってください。

ボーナス払いにしなくても、毎月返済額を1.6万円増やすという方法もあります。わざわざボーナス払いにする必要はないです。毎月の負担が1.6万円も増えるのは負担が大きい・・・と感じるかもしれませんが、ボーナス払い10万円を6カ月で割れば同じ金額です。

ボーナス払いではなくても、審査には通ります。

ボーナス払いのリスク

ボーナス払いというのは、支払い方法が違うだけで、メリットがあるわけではありません。

しかし、大きなデメリットがあることを知っておいてください。

  • 将来ボーナスが減るかも
  • 転職でボーナスがなくなる
  • ボーナス払いの重複で火の車
  • ボーナスの喜びが減る

ボーナスが減ったらどうするの?

空白の20年といわれたデフレ景気が改善せず、もはや「空白の30年」になろうとしています。

いつ何時、ボーナスカットとなるか分かりません。転職先の会社はボーナスが無いかもしれません。

もしもボーナスがカットされても貯金から出せば大丈夫・・・という考えはとても危険です。今は収入も安定しており、家計にも余裕があるかもしれませんが、この先ずっとそうである保障はありません。

教育費
幼稚園~高校 大学 一人暮らし生活費
600~800万円 600~800万円 10万円/月

こどもの教育費のピークとなる大学の学費は、4年間で800万円ほど必要です。一人暮らしをしたいということになれば、毎月10万円ほどの仕送りをすることになります。

出費がかさむ時期に、住宅ローンのボーナス払いが重くのしかかってきます。

ボーナスは全てローンの返済に・・・

一度ボーナス払いを利用してしまうと、他のローンでも頼ってしまいます。

車のローンを組んだり、家具や家電の買い替え、教育費・・・とこの先の人生、出費は増えるばかりです。

ボーナスの使い道が、住宅ローンに10万円、車のローンに10万円、クレジット支払いに10万円・・・。気づいたら使えるボーナスが全くない、ということにもなりかねません。

同僚はボーナスが出たから家族サービスに海外旅行に行く!といっている間、あなたはローンの返済に追われることになります。趣味のロードバイクを買ったり、パソコンを新調したり、といったことも一切できなくなります。

ボーナスがでたのに自由に使えない、というのは精神的にマイナスとなってしまいます。

ボーナス払いするなら5年待て

住宅ローン比較
ボーナス併用払い 通常プラン
借入額 3000万円 3000万円
金利 1.8% 1.8%
返済期間 30年 30年
ボーナス払い(年2回) 108,214円 無し
毎月返済額 89,924円 107,909円
総返済額 38,865,498円 38,847,253円

年2回、10.8万円のボーナス払いをすることで、毎月返済額を約9万円に抑えられます。ボーナス払い無しの場合、10.8万円ですから、毎月返済額が1.8万円違います。

ボーナス払いは良くないことは分かったけれど、かといって毎月の負担が増えるのも厳しい。

これは、資金不足が問題です。

借入額の3000万円のうち、ボーナス払いは500万円分の借り入れに充てられます。それならば、毎年100万円貯めて、5年後に頭金500万円にして借りるという方法もあります。

住宅ローン比較
ボーナス併用払い 通常プラン
借入額 3000万円 2500万円
金利 1.8% 1.8%
返済期間 30年 30年
ボーナス払い(年2回) 108,214円 無し
毎月返済額 89,924円 89,924円
総返済額 38,865,498円 32,372,693円

毎月返済額は約9万円で、ボーナス支払いが無くなりました。

また、頭金を増やすことで利子を減らすことができ、総返済額が約150万円も節約できます(総返済額から500万円を引いて計算しています)。

無理してボーナス払いをしなければ借りられないならば、5年間貯金を増やすという選択肢も考えましょう。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 変動 10年固定 30年固定 事務手数料 保証料 団信 繰上返済 来店 詳細
じぶん銀行 0.497% 0.58% 2.06% 借入額x2.16% 無料 無料 無料 不要 詳細
住信SBIネット銀行 0.444% 0.66% 1.23% 借入額x2.16% 無料 無料 無料 ※1 不要 詳細
イオン銀行 0.57% 0.69% - 借入額x2.16% 無料 無料 無料 不要 詳細
みずほ銀行 0.625% 0.85% 1.14% 32,400円 金利+0.2% 無料 無料 詳細
りそな銀行 0.625% 1.05% - 32,400円 金利+0.2% 無料 無料 不要 詳細
三菱東京UFJ銀行 0.625% 1.4% - 32,400円 金利+0.2% 無料 無料~16,200円 詳細
新生銀行 0.9% 1.0% 1.85% 54,000円 無料 無料 無料 不要 詳細
※1固定金利特約期間中の場合は32,400円(税込)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です