住宅ローン金利比較

いくらまで借りても大丈夫?マイホーム予算の決め方

マイホームを買う決断をしたら、次は予算を決めます。モデルルームや不動産屋に行く前に、どこまでなら買えるのか目安をつけておきましょう。

現在の家賃=住宅ローン返済額

と単純に考えてしまってはいけません。

例えばマンションであれば、部屋を購入しても、エントランスやエレベーターの管理、中庭の手入れなどの費用として、管理費を毎月支払います。また、駐車場も購入ではなく、貸し出し制の物件が多いため、数千円/月の支払いが必要です。一戸建ての場合は、将来のために自分で修理費の積み立てをしておくべきでしょう。

また、マイホームを持つと、固定資産税などの納税の義務も発生します。

住宅ローンの返済とは別に、毎月3万円前後の住宅費が必要となります。

スポンサーリンク

住宅ローン以外にもこんなにお金がかかる

家が欲しいと言うのは簡単ですが、実際に買おうと思うと様々な費用がかかります。

分譲住宅のチラシを見たら3000万円くらいだったから、住宅ローンで3000万円借りれば貯金の500万円と合わせて、なんとか買える・・・こんな皮算用をしていたら、危険です。

  • 申込金・手付金
  • 不動産仲介料
  • 登記費用
  • 不動産取得税
  • 印紙税
  • 住宅ローン手数料
  • 地震・火災保険料

物件価格以外にも、さまざまな費用が必要となります。マイホームを購入してから、引っ越しが完了するまでの、トータル費用を洗い出しておかないと、後からお金が足らなくなって困ってしまうでしょう。

住宅ローンの諸費用はいくら必要?

住宅ローンを借りるためには、さまざまな費用がかかります。

  • 頭金
  • 手数料
  • 保険料

物件価格が3000万円だから、住宅ローンで3000万円借りる・・・ということはできません。住宅ローンは基本的に物件価格の9割までしか貸してくれません。3000万円の物件であれば、2700万円が上限です。

残りの300万円はというと、頭金として自分で用意しなければなりません。

頭金の300万円も全て借りる、ということは一部の銀行では可能ですが、金利が大きく上がります。頭金が足らなければ、数年貯金してからもう一度物件を探すというのが一般的です。

また、住宅ローンを借りる際には、保険へ加入したり、手続きのために手数料も発生します。2700万円の借り入れの場合、約150万円の諸費用がかかります。

引っ越し・新生活スタートにもお金がかかる

マイホームを購入し、住宅ローンの手続きもすべて完了・・・まだ安心してはいけません。引っ越しや、新生活に向けて様々な費用がかかります。

平均的な4人家族の家庭であれば、引っ越し費用は20万円くらいでしょう。距離が長かったり、ピアノなどの特別な配送が必要な場合は、さらに高くなる可能性があります。また、2月・3月の引っ越しシーズンになると、なかなか予約が取れなかったり、費用が通常の2倍以上になることも珍しくありません。引っ越しシーズンでは、平日も取り合いです。

また、マイホームを購入したら、部屋にあった家具やカーテンを新調したくなります。引っ越し次いでに、古くなった家電を買い替えることになるかもしれません。一戸建ての分譲住宅は、購入時には結構さっぱりしているものです。庭に花や木を植えて装飾たり、駐車場に屋根を取り付けたりする必要もあります。

無駄な出費が多すぎ!?家計を見直して住宅費を増やす

マイホームの購入をきっかけに、家計の見直しをする家庭も多いです。

  • 外食・交遊費が多すぎない?
  • 車2台あるのにバイクは必要?
  • wifi必要?テザリングで代替できない?
  • 飲み会帰りのタクシー代
  • タバコ・お酒は毎日必要?
  • お昼はお弁当で節約
  • 保障内容のよくわからない保険

家計を見直すために最も重要なのは「固定費」を削ることです。また、できるだけ大きな金額のものから見直しをかけましょう。

毎週、部下に飲み会をおごってしまったり、1ヶ月に1回しか乗らないバイクの維持費、なんとなく営業マンにすすめられるがままに契約したwifi・・・無駄な出費は探せば沢山あるものです。

全てを一度に削ってしまうと、ストレスがたまり仕事に影響がでたり、夫婦喧嘩の元にもなるので、十分に話し合った上で徐々に節約していきましょう。

親からの贈与で頭金を増やす

マイホームを購入する際に、親から援助してもらうという方法もあります。実際に住宅ローンを組んでいる人の23.3%、つまり4人に1人は親からの贈与を受けています。

また、贈与額の平均は約863万円という統計がだされております。年度ごとに差はあるものの、800万円~900万円くらいの贈与を受けているようです。額の大きさに驚きましたが、夫婦2人の両親から贈与されると考えれば、1家庭につき400万円ほどなので、現実的な額ではあります。

控除限度額
通常の住宅 700万円まで
優良住宅 1200万円まで

また、住宅購入を目的とする贈与の場合、贈与税が免除されます。相続税対策にもなるので、一石二鳥ですね。

連帯債務で住宅ローン審査を通す方法

住宅ローンを借りる際に、収入が少なく、十分なお金を借りられないという場合があります。また、収入が低い場合は、金利が割高になるといった不利な条件となってしまうこともあります。

夫婦共働きの家庭であれば、2人の収入を合わせて審査を受けることもできます。1つの契約で、例えば2000万円を夫の負債、1000万円を妻の負債として契約することができます。

ただし、連帯債務の場合は、それぞれに団信をつけるために費用が増えてしまったり、もしも夫が無くなってしまった場合も、妻の債務は残ってしまうといったデメリットもあります。

また融資額を増やす目的以外でも、フラット35で団信を利用しない場合は、連帯債務を立てることで保証の代わりとすることもできます。

予算内で優先順位をつけて物件を選ぶ

人間は欲を言えば、上限がありません。予算の中で、優先順位をつけて物件選びをする方が賢いです。

調べてみないと分からないこともあります。筆者は、昔は勝手なイメージで、土地付き一戸建ての方がマンションよりも高いものだと思っていました。しかし実際には、立地の良い場所に建てられるマンションの方が価格が高く、部屋も狭いことが多いです。郊外で車が必要な場所であれば土地も安いですし、何百戸を一気に建設してしまう分譲住宅は割安で作れます。

一戸建てで3500万円まで、と決めてしまえば、例えば都内ではなく千葉や埼玉の開発地であれば、いくらでも物件はあります。絶対に都内がいいというのであれば、主要な沿線から外れた場所や、マンションの中でも比較的安い2階の部屋を選ぶことで、予算内の物件を見つけることもできます。

変動・固定・フラット35?正しい住宅ローンの選び方▶

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です