住宅ローン金利比較

夫婦・親子ペアローンで借りても大丈夫?メリット・デメリット

住宅ローンの融資額を増やす方法のひとつに、ペアローンがあります。

ペアローンは、1つの住宅購入に対して、2人以上で返済する方法です。

例えば、夫婦共働きの場合、夫と妻の2人の年収を合わせて試算してもらえるため、お金をたくさん借りることができます。両親とこども家族でペアローンを組み、2世帯住宅を建てるというケースもあります。年齢や年収が限られる老夫婦も、こども家族と一緒に借りることで、融資の制限を広げることができます。

便利なペアローンですが、いくつかのリスクがあることも、利用する際には知っておく必要があります。

ペアローンのメリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

ペアローンとは

ペアローンのメリットは、融資額を増やせることです。

住宅ローンの融資額は、債務者の年収や信用性に対して上限が定められています。

年収400万円の人が、1億も2億も借りたいと言っても、貸してもらえないでしょう。それならば、年収を増やせばいいというわけです。夫の年収だけで足らないので、妻の年収も合算してもらう、というのがペアローンの考え方です。

夫婦以外に、親子、祖父母と孫家族でも可能です。規約上は、友人知人でもペアローンを組めることになっていますが、一般的には親族間で組むことが多いでしょう。

ペアローン 連帯債務
契約数 2本 1本
収入合算 1/2まで
団信 それぞれ それぞれ
住宅ローン控除 それぞれ それぞれ
審査 それぞれ 名義人のみ
借り換え

ペアローンは契約数が2本

ペアローンとよく似た返済方式として、フラット35の連帯債務方式の返済方法があります。フラット35では、保証人や団信が不要の代わりに、連帯債務者を立てることができます。フラット35では連帯債務者がいるものの、契約数は1本で、返済者も1人です。

一方でペアローンは、契約数が2本で、それぞれの債務者が同時に返済を行います。

pairloan-system

フラット35の場合は、保証人や団信がなくても借りられるため、保証人という意味合いで連帯債務者を立てます。

ペアローンは2人で一緒に返済するという意味合いが強くなります。

100%収入合算ができる

ペアローン 連帯債務
夫(500万円) 500万円 500万円
妻(300万円) 300万円 150万円
合計 800万円 650万円

連帯債務者の場合は収入合算ができますが、2人目は年収の1/2までという規定があります。

ペアローンの場合は、妻の年収も100%合算してもらえるため、より多く融資を受けられます。ただし、借入額が大きくなれば返済負担も増えるので注意が必要です。

※連帯債務でも条件次第では100%年収合算できる場合もあります。

団信も分割

ペアローンでは契約が2本のため、それぞれ個別に団信をかける必要があります。

夫が亡くなった場合、夫の残ローンは完済になりますが、妻の返済分は残ります。また逆も同じです。

もしそれぞれに団信をかけていないと、残った債務者が責任を負うことになってしまいます。もちろん、団信の保険料は2人分必要になります。

住宅ローン控除は分割適用される

住宅ローン控除もそれぞれの契約ごとに適用されます。

住宅ローンの負担を夫2000万円、妻1000万円と分けた場合、夫の所得税から20万円、妻の所得税から10万円控除されます。

ここで注意したいのが、もし妻が育児などで休職した場合、所得が減るため、住宅ローン控除が全額適用されない場合があります。所得税から引かれなかった分は住民税が控除されますが、それでも足らない分は適用外となります。

妻の住宅ローン控除で、夫の所得税を免除してもらうことはできません。

審査は厳重に行われる

ペアローンの場合、2人で一緒に返済するという前提のプランのため、住宅ローンの審査が債務者全員が厳しく審査されます。

夫だけでなく妻の年収や職歴、返済履歴などが厳重にチェックされます。夫は通過しても、妻が住宅ローン審査で引っかかってしまうと、ペアローンを借りれない場合もあります。

2人が審査に通らないといけないという意味では、ハードルの高いプランといえます。

借り換えが難しい

ペアローンを借りた場合、もし将来借り換えをする事になった際に、難しくなるかもしれません。

契約が2本のペアローンは、かなり特殊な住宅ローンのため、取り扱いをしている銀行が限られます。

夫が妻の分もまとめて支払える返済能力があればよいのですが、ペアローンでもう一度借り換えるとなると、敷居が高くなります。

ペアローンのデメリット・注意点

ペアローンは融資額を増やせるという大きなメリットがある一方で、いくつかのリスクがあることも知っておく必要があります。

  • 収入減のリスク
  • 手数料が倍増

収入減のリスク

ペアローンはお金がたくさん借りれるプランですが、返済負担も大きくなります。

もし、返済が苦しくなった場合、他の返済者の負担が増えてしまいます。

例えば、夫婦ペアローンの場合、妻が育児のために休職することになるかもしれません。年収数百万円分のカバーを夫1人でするのはとても大変です。

親子ペアローンの場合も、両親が定年に達することで収入が激減する可能性があります。年金生活から返済するのは限界があり、こども家族への負担が増えるかもしれません。

また、夫が転職やケガ、病気などで働けなくなる可能性もあります。妻や老夫婦に負担が集中してもきちんと返していけるのか、事前にしっかり話し合っておく必要があります。

手数料が倍増

ペアローンは、契約数が2本なので、住宅ローンの契約手数料なども通常よりも高くなります。

借入額が増えますし、登記や抵当権などはそれぞれの契約ごとに行われるので、費用も倍増します。

初期費用が高くなるので、事前に準備しておく貯金も多めに考えておかなければなりません。

長期返済ならフラット35

はじめて住宅ローンを借りる人、変動金利には不安があるという方には、長期固定金利が安く借りられるフラット35がおすすめです。フラット35は通常の固定金利よりも、0.5~1.0%ほど金利が安くなっています。

30年以上の長期返済プランでも、通常の住宅ローンの10年固定などと同じくらいの金利で、さらに事務手数料が半額で借りることができます。初期費用を抑えることができるので、とても助かります。

また、国の運営する機関が融資を行っているため、保証会社を利用する必要は無く、審査が比較的甘いと言われています。審査に不安がある、他の銀行で審査落ちしてしまったという方は、フラット35をトライしてみてください。

kinri-schedule

住宅ローンの申し込み時期と、金利の決定のタイミングには注意が必要です。返済額に適用される金利は、契約時ではなく融資が行われた月の金利です。申し込みや契約を1月にしても、融資実行が2月になると、適用金利は2月の金利となります。住宅ローンは申し込みや審査などの手続きに1ヶ月以上時間がかかります。狙っていた金利と違っていた・・・とならないように、早めに手続きをすすめましょう。

ARUHI

15~20年 1.07 %
21~35年 1.07 %
事務手数料 借入額x1.08%

フラット35の専門ネット銀行。フラット35のシェアNO.1であり、フラット35を借りた人の4人に1人はARUHIを利用しています。専門家とうたっているとおり、フラット35の様々なサービスを取り扱っており、ユーザーの環境に合わせて柔軟に対応してくれます。最長50年返済ができるフラット50も取り扱っています。

特に、自己資金20%で金利が0.2%引かれるプラン(ARUHIスーパーフラット)があり、国内で最も安くフラット35を借りられます!

また、ARUHIは審査が非常に速く、審査が比較的あまいという口コミも集まっています。他の銀行で審査が落ちてしまった時の滑り止めとして、申し込んでおくという人も多いです。

  • 自己資金20%で金利0.2%引き!
  • 仮審査:最短当日
  • 本審査完了:最短3営業日
  • 審査があまいと人気◎

ARUHI公式HP

楽天銀行

15~20年 1.15 %
21~35年 1.25 %
事務手数料 借入額x1.08%
借入額x0.756%(借り換え)

安いが売りのネット通販のノウハウを住宅ローンにも活用し、非常に低い金利でサービスを提供しています。楽天銀行に口座を持っているとコンビニATMが無料で使えたり、楽天ポイントに特典がつくなど、生活密着型のサービスが特徴。

また、楽天銀行フラット35は借り換え時の事務手数料が大きく割引され、借入額x0.756%となります。フラット35の借り換えなら楽天銀行がおすすめです。

  • 長期固定金利が安いフラット35
  • 借り換え特典で事務手数料が割引
  • 楽天ポイントが3倍

楽天銀行公式HP

住信SBIネット銀行

15~20年 1.15 %
21~35年 1.25 %
事務手数料 借入額x1.08%※1

フラット35業界NO.1の低金利。事務手数料も借入額x1.08%※1と、通常の住宅ローンの半額で借りられます。35年の長期借り入れも、非常に低い金利で借りられます。はじめてフラット35を借りる方には住信SBIネット銀行がおすすめです。

  • フラット35業界NO.1の低金利
  • 事務手数料が通常住宅ローンの半額
  • 三井住友信託銀行のグループ会社でサポートも充実

住信SBIネット銀行公式HP

短期返済・借り換えなら変動金利

金利が非常に安くて魅力的な変動金利ですが、返済額が増えてしまうかもしれないデメリットを持ちます。借入金額を抑え、短期返済にすることで変動金利のリスクを最小限に抑えましょう。目安として、借入額2000万円以下、または15年以内の短期返済の方には変動金利がおすすめです。

今借りている住宅ローンを、もっと安いプランに借り換えたいという方にも、変動金利がおすすめです。金利の低い変動金利なら、返済額をグッと減らすことが可能です。

住信SBIネット銀行

変動(新規) 0.447 %
変動(借り換え) 0.418 %
10年固定 0.85 %
事務手数料 借入額x2.16%

ネット銀行住宅ローンの最大手。変動金利は業界最安値の金利に加えて、170万円相当の全疾病付き団信が無料とサービスも充実。短期間の返済プランの方、借り換えを検討している方には、住信SBIネット銀行の変動金利プランをおすすめします。

  • 業界NO.1の低金利で借り換えがお得
  • 170万円相当の全疾病付き団信が無料
  • 三井住友信託銀行のグループ会社でサポートも充実

住信SBIネット銀行公式HP

じぶん銀行

変動(新規) 0.457 %
変動(借り換え) 0.457 %
10年固定 0.68 %
事務手数料 借入額x2.16%

三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資する、ネット銀行です。変動金利の安さが魅力で、特に借り換えユーザーにおすすめの住宅ローンプランです。

じぶん銀行の最大の売りは、がんと診断されたら残ローンが50%完済される、「がん50%保障」が無料で利用できることです。

また、手続きをオンライン上が全て行うことが可能で、郵送の手間や収入印紙の購入をする必要がないの嬉しいです。

  • 変動金利の安さNO.1
  • がん50%保障が0円
  • 資金移動が0円
  • 収入印紙が不要

じぶん銀行公式HP

三菱UFJ銀行

変動(新規) 0.525 %
変動(借り換え) 0.525 %
10年固定 0.85 %
事務手数料 32,400円

三菱UFJ銀行は国内・海外に1000拠点以上の店舗を構える、メガバンクとよばれる国内最大手銀行です。実績と信頼の高い三菱UFJ銀行の住宅ローンが、ネット銀行と同等の低金利で利用できます。

サポート体制が充実しており、難しい手続きや返済計画の相談なども安心です。

  • ネット銀行と同水準の低金利
  • 充実したサポートで安心
  • 豊富な商品ラインナップで多様なニーズに対応

三菱UFJ銀行公式HP

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です