住宅ローン金利比較

いまさら聞けない「マイナス金利」とは?生活にどんな影響がある?

2016年の2月、日銀のマイナス金利の導入がニュースで大きく取り上げられ、雑誌やインターネットでも大きな話題となっています。

そもそも、マイナス金利って何?テレビや新聞の解説は、専門用語が多くよくわからない、という方も多いと思います。

マイナス金利とは何か、マイナス金利が私たちの生活にどんな影響を与えるのか、簡単に紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそもマイナス金利って何?

kinri-shikumi
まずは、「金利」の仕組みについておさらいしましょう。

銀行は、預金でお金を集めて、お金が必要な人にローンで貸し出し、金利の差で儲けをだすというビジネスです。

金利 利子・利息
預けた場合 1% 1万円
借りた場合 10% 10万円

例えば、Aさんが100万円預金すると、1年後に101万円を引き出すことができるようになります。金利1%で、1年間で1万円の利息が貰えるわけです。

一方で、Bさんが銀行から100万円借りた場合、1年後に110万円を返済しなければなりません。金利10%で、1年間で10万円の利子の支払い義務が発生するのです。

銀行は、Aさんが預けた100万円を、Bさんに貸し出すことで、利子と利息の差額分の9万円を「儲け」としているのです。

マイナス金利では預けると損をする!?

さきほどの金利の仕組みは、「プラス金利」の時のお金の動きです。

では、「マイナス金利」になるとどうなるのでしょうか?

Aさんが100万円をマイナス1%の金利で預けると、1年後に利息がマイナス1万円となります。つまり、100万円預けたのに1年後には99万円しか引き出せなくなるのです。

なんだかおかしな話ですが、お金を預けると損してしまうのがマイナス金利なのです。

日銀のマイナス金利導入の意味

お金を預けると損する?大変だ、すぐに銀行からお金をおろさないと・・・と焦る必要はありません。

2016年のマイナス金利導入の発表は、「日銀」の特定の口座に対してのみ適用されます。

nichigin-shikumi

銀行は、集めた預金を利用して、ローンの貸し出しをしています。しかし、預金額とローンの貸し出し額は必ずしも釣り合うとは限りません。

預ける人が多いとお金は余ってしまいますし、借りたい人が多くても手元にお金がなければ貸せません。そこで、日銀が「銀行の銀行」という役割を担うのです。

預金が多くて貸出先が見つからない場合は、銀行は余ったお金を日本銀行に預けておきます。日銀にお金をあずけることで、利息がつきますから、預金者への利息の支払いを賄うことができるのです。

2016年に発表された日銀のマイナス金利の導入とは、この銀行が日銀に預けるお金に対する金利がマイナスとなった、というニュースです。

普通預金がマイナス金利になるわけではない

みなさんが心配する、普通預金や定期預金は、今のところマイナス金利にはなっていません。

ただし、普通預金が0.001%、定期預金が0.02%と非常に低くなってしまい、利息による資産運用がしにくくなってしまいました。

すぐさま家計に直撃するわけではありませんが、将来使えるお金が減ってしまうので、あまりうれしいニュースではありません。

日本は預金過剰。マイナス金利で銀行株が下落

現在の日本では、お金を借りたい人よりも、お金を預ける人の方が多いです。預金と貸し出しの比率を表す、貸出率は70%程度です。

つまり100兆円の預金のうち、70兆円は貸し出しに使われていますが、残りの30兆円は遊んでいる状態なのです。

お金が余っているなんて羨ましい、と思うかもしれませんが、銀行にとってはマイナスです。預金に対して利息を支払わなければなりませんから、使わないお金は負債です。また、何兆円というお金を銀行内に置いておくわけにはいきません。金庫を買ったり、警備員を雇ったり、セキュリティシステムを運用するためにコストがかかります。

これまでは、お金が余っても日銀に預けるという方法がありました。しかし、マイナス金利の導入によって、日銀にお金を預けると損するようになってしまいました。お金はどんどん集まるのに、借りたいという人がおらず、日銀にも預けられないので、八方ふさがりという状態です。

銀行にとって大きなダメージとなっていることは、銀行の株価が下落していることからも分かります。

日銀がマイナス金利を導入した狙い

あまりメリットがなさそうなマイナス金利ですが、なぜ日銀はこのような制度を導入したのでしょうか?

日銀が当初想定していたシナリオはこうです。

銀行が日銀にお金を預けると、マイナス金利で損してしまいます。とはいえお金を手元に余らせておくことはできないので、金利を下げてお金を借りやすくします。金利が下がってお得になれば、企業や一般家庭がお金を借りやすくなり、消費が増えます。お金がぐるぐる回るようになり、景気が良くなります。

・・・というのが期待されていた効果でした。しかし、そう上手くはいきませんでした。

金利を下げてしまうと銀行の利益が下がってしまいますし、多少金利が下がったところで、お金を借りたいという人が急激に増えるとは誰も信じられません。

マイナス金利で生活への影響は?

日銀のマイナス金利の導入によって、銀行はもうお金がいらない、という状態になりました。

金利
普通預金 0.001%
定期預金 0.2%

このため、普通預金と定期預金の金利を引き下げることになりました。普通預金が0.001%、定期預金が0.2%という超低金利になっています。0.001%というと、10万円預けてやっと1年で1円の利息が貰える計算です。普通預金での利息はもう期待できないと思ったほうが良いでしょう。

とはいえ、もともと利息がなければ生活が成り立たない、というわけでもなかったので、家計への影響は大きくはなさそうです。

ただし、今後さらにマイナス金利が続くとなると、銀行も赤字を埋めるためにさらなる施策をうってくるでしょう。例えば、ATMの使用料の増額や、振込手数料の値上げなどが考えられます。

定期預金や普通預金がマイナス金利となることはすぐにはないでしょう。そもそもマイナス金利という仕組みを想定しておらず、預金の契約書の変更や、全国に設置されるATMのシステムをすべて一新しなければなりません。そのためには莫大なコストや時間がかかってしまいます。

住宅ローン金利が下がるのはナゼ

マイナス金利の導入によって、住宅ローンの金利が下がっており、注目を集めています。マイナス金利の唯一のメリットともいえるかもしれません。

ではなぜ、マイナス金利で住宅ローンの金利が下がるのでしょうか?

銀行は、マイナス金利の導入によって、余ったお金の使い道に困ってしまいました。貸し出しを増やすために金利を下げてしまうと、利益も下がってしまうので、それはできません。

そこで、大量に余ったお金を使って、国債を購入し始めたのです。国債は利率こそ低いものの、マイナス金利で赤字になってしまうよりはマシということです。また、国債は非常に信用性が高く、証券取引などで利用できるため、運用方法次第ではさらに儲けることができます。

金利を下げて貸し出しを増やすよりも、国債で資産運用した方が確実に利益を出せるわけです。

しかし、日本全国の銀行が大量に国債を買占めはじめたことによって、国債の利率が急激に下がる結果となりました。

この影響で、国債の利率を基準に金利が決められている、住宅ローンが安くなっているのです。

マイナス金利いつまで続く?

日銀のマイナス金利の導入は、一時的なものなのでしょうか?

はっきりといつまで、というのは言及されていません。むしろ、効果があまりでていない現状、さらなる追加措置がされる可能性が高まっています。

ヨーロッパの欧州中央銀行では、日本よりも1年半ほど早い2014年6月にマイナス金利を導入しています。当初は日本と同様にマイナス0.1%という金利をつけていましたが、次第に金利が引き下げられ、2016年3月にはマイナス0.4%まで下がっています。

ヨーロッパでの実例がある、ということは日本でも同じように動く可能性は高いです。

日銀にとっては、シナリオ通りにはいかなかったものの、住宅ローンの貸し出しが増えているという事実もあるので、プラス金利に戻して景気を悪化させるわけにもいきません。

また、日銀の黒田総裁のこれまでの手法、性格から見ても、攻めの姿勢を崩さないでしょう。今後は大規模な金融緩和やマイナス金利のさらなる引き下げをする可能性が非常に高いです。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 変動 10年固定 30年固定 事務手数料 保証料 団信 繰上返済 来店 詳細
住信SBIネット銀行 0.444% 0.66% 1.23% 借入額x2.16% 無料 無料 無料 ※1 不要 詳細
じぶん銀行 0.497% 0.59% 2.08% 借入額x2.16% 無料 無料 無料 不要 詳細
イオン銀行 0.57% 0.69% - 借入額x2.16% 無料 無料 無料 不要 詳細
みずほ銀行 0.625% 0.85% 1.18% 32,400円 金利+0.2% 無料 無料 詳細
りそな銀行 0.625% 1.1% - 32,400円 金利+0.2% 無料 無料 不要 詳細
三菱東京UFJ銀行 0.625% 1.45% - 32,400円 金利+0.2% 無料 無料~16,200円 詳細
新生銀行 0.9% 1.0% 1.9% 54,000円 無料 無料 無料 不要 詳細
※1固定金利特約期間中の場合は32,400円(税込)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です