住宅ローン金利比較

住宅ローン事前審査・仮審査の必要書類まとめ

購入するマイホームが決まったら、住宅ローンの借り入れの手続きに入ります。

web申し込みをしたら、1週間以内に仮審査の手続き書類が届きます。会社や不動産屋にもらう書類も多いので、あらかじめ準備しておくとスムーズに手続きをすることができます。

必要書類のチェック表もダウンロードして使ってみてください。

スポンサーリンク

必要書類一覧

分類 書類・内容
申込書類 事前審査申込書(※本人自筆)
個人情報の取り扱いについての同意書(※本人自筆)
諸費用の見積書(※諸費用ローンを借りる場合)
本人確認・所得関係書類 ・運転免許証
・住民基本台帳カード(写真付)
・パスポート
・マイナンバーカード(写真付)※いずれか一点事前審査チェック表
収入証明書
①給与所得者:源泉徴収票(写)
②法人代表者・役員:決算書3期分(写)
③個人事業主:確定申告書3期分(写)・納税証明書(その1・その2)
契約関係書類 建売・中古住宅:売買契約書(写)
注文住宅:工事請負契約書(写)
重要事項説明書(写)
建築確認住証(写)
物件関係書類 物件のパンフレット・チラシ(平面図・立面図・配置図)
住宅地図
・公図
・地積測量図
・登記事項証明書(土地・建物)
・建築確認済証(写)
・検査済証(写)
現在の自宅について 売却する自宅関連の書類(買い替え・建て替え)
・返済予定表
・明細書※既に借入がある場合
住宅ローン返済口座通帳の写し1年分(既に借入がある場合)
・自宅登記事項証明書(土地・建物)
・公図
・地積測量図※持ち家の場合
 不動産媒介契約書(持ち家の場合)

必要書類のチェック表もダウンロードして使ってみてください。

物件の種類によっては不要な書類があったり、銀行によってフォーマットが少し違う場合もあるので、銀行から送付された書類を確認してください。手続きに困った場合は、銀行に問い合わせるか、不動産屋でも親切に相談に乗ってくれます。

仮審査では何を見られるの?

住宅ローンの仮審査は、銀行が行います(本審査は保証会社が行う)。主に、借入額と収入の割合が適切か、収入が安定しているかなど、返済計画について重点的にチェックされる傾向にあります。近年では、住宅ローンも薄利多売化しており、仮審査とはいえ精度を高めている銀行が多いです。

仮審査とはいえ、本審査と同じように厳重にチェックされます。ここで問題が見つかると、借り入れ条件が悪くなってしまったり、審査に落ちてしまうこともあるので、本審査だと思って準備をしっかりと整えましょう。

  • 借入金額
  • 他のローンの借入額・返済状況
  • 資金計画
  • 完済時の年齢
  • 勤務形態・勤続年数
  • 事業内容・経営状態
  • 購入物件
  • 健康状態

借入金額

住宅ローンは原則、物件価格の9割までしか借りれません。3000万円の物件の場合、2700万円が借り入れ上限となります。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30%  35%

また、年収に対しての上限もあります。年収600万円の場合、1年間の返済額は210万円までとなります。ただし、これはあくまで上限なので、目いっぱい借りてしまうと家計が苦しくなります。

一般的に、年収の20%~25%が安全ラインとされています。年収600万円の場合、1年間の返済額が120万円~150万円くらいになるように資金計画を立てましょう。

返済計画に無理がないか、しっかりとチェックされ、問題がある場合は融資額が減ってしまうこともあります。

他のローンの借入額・返済状況

他のローンを組んでいる場合は、それも含めて、借入限度額の枠内に収める必要があります。

例えば年収600万円の場合は、返済額の上限は年間210万円までです。1ヶ月の負担では17.5万円までとなります。

借入限度額
ローンの種類 返済額
奨学金 3万円
車のローン 5万円
住宅ローン 9.5万円
合計 17.5万円

例えば、奨学金3万円、車のローン5万円を支払っている場合、住宅ローンの支払いに使えるのは9.5万円までとなります。もし奨学金の返済期間が残り5年だったとしても、6年目からの返済額を増やすことはできません。

借入額が足らない場合は、他のローンを返し終わってから借りましょう。

資金計画

マイホームの購入後の住宅費は、住宅ローンの返済のみとは限りません。

分譲マンションの場合、管理費や修繕積立金、駐車場代といった費用がかかります。一戸建ての場合は、土地の所有権が賃貸となっている場合、毎月支払いが必要となります。

また、マイホームを所有すると、固定資産税や都市計画税といった納税義務が発生します。

これらの総費用で、きちんと返済できる計画となっているか、確認されます。

完済時の年齢

住宅ローンの完済時の年齢は、60歳または65歳に設定する場合が多いです。定年退職した後に年金生活となってしまうと、返済ができなくなってしまう可能性があるからです。

住宅ローンの貸し出し条件には、75歳まで(フラット35の場合は80歳まで)という記載がありますが、65歳を超えた借り入れになると、連帯保証人を立てる必要があるなど、条件がつきます。

勤務形態・勤続年数

契約者の勤務形態と勤続年数を確認します。年収が高いほど良い評価がとなるとは限りません。住宅ローンの審査では、収入と職の安定性が求められます。

高い 公務員・専門職・大企業
正社員・サラリーマン
派遣・契約社員
自営業・フリーランス
低い パート・アルバイト

公務員はもっとも信用性の高い職業です。また、医師や弁護士、税理士などの専門職も評価が高いです。たとえ収入が多くても、自営業は審査が厳しくなる傾向にあります。例えば農家などは、季節によって収入が不安定になるので、やはり評価は下がります。

また、勤続年数は3年以上は必要です。自営業や会社経営者などは、過去3年間の経営状況を説明する必要があります。マイホームの購入を考えている方は、転職は控えた方が良いです。

事業内容・経営状態

自営業や会社経営者・会社役員の場合は、過去3年分の企業成績を説明することになります。

個人事業主か法人か、上場しているか否か、などでも評価は変わります。当然、大きな会社であれば評価は高まる傾向にあります。

サラリーマンが副業や資産運用をしている場合、確定申告によって所得を増やすことができます。法律上では本業・副業といった区分は無いので、安定した収入を証明できれば信用を上げることができます。副業所得も過去3年分の確定申告の提示が必要です。

購入物件の状態

本当に物件が存在しているのか、という証明が必要となります。暴力団や犯罪組織がマネーロンダリングや詐欺を目的に、住宅ローンを利用する可能性があるからです。

また、住宅ローンは原則、建物が完成していないと貸し出しをしてくれません。いつまでにどのような建物が完成するのか、情報提供を求められます。

健康状態

数十年という長い返済期間となる住宅ローンでは、契約者の健康チェックも行われます。特に年齢が高い場合は、健康診断の提示を求められる場合もあります。

健康に問題があると、保険料が高くなったり、借り入れ条件が不利になる場合があります。

住宅ローンを借りる前に確認しておこう

事前審査・仮審査は、突拍子もない計画を立てなければ通ります。しかし、本審査で不利な条件をつけられたり、審査が落ちてしまう可能性もあるので、合格率を上げるためにもできる限りの準備をしておきましょう。

もしも審査を一度落ちてしまっても、返済プランを見直して再挑戦することもできます。

  • 商品内容を再チェック
  • 両親から贈与を受ける
  • 他ローンを繰り上げ返済する

商品内容を再チェック

はじめて住宅ローンを借りる人にとっては、プラン内容が難しいことも多いです。ずっと同じ金利で借りれると思っていたら、変動金利だったり、実は当初引き下げプランだったということもよくあります。

金利だけではなく、保険料や事務手数料といった諸費用も含めて、どのような商品なのか再チェックしてください。

この時点では、あくまで審査を受けただけなので、契約をしなくても違約金などは一切かかりません。

両親から贈与を受ける

マイホームの購入時には、何百万円というまとまったお金が必要となります。これを全て自分の貯金でまかなうのは難しいことも多いでしょう。もしも両親から援助が受けられるのであれば、贈与をお願いしてみましょう。

購入目的が住宅購入の場合、700万円までは贈与税が控除されるので、相続税対策にもなります。

両親の老後資金を一時的に借りて、少し利子を上乗せして返してあげる、という方法もあります。

他のローンを繰り上げ返済する

住宅ローンを借り入れする際には、できるだけ他のローンを返し終わってからにしましょう。

銀行にとっては、契約者がローンを複数組んでいると、もしも収入が減ってしまった際に、返済を滞納されてしまう可能性が高まるので、審査も厳しくします。

また、複数のローンを組んでいる人は、今後もさらにローンを増やす可能性が高いので、こういった人は銀行から避けられがちです。

長期返済ならフラット35

はじめて住宅ローンを借りる人、変動金利には不安があるという方には、長期固定金利が安く借りられるフラット35がおすすめです。フラット35は通常の固定金利よりも、0.5~1.0%ほど金利が安くなっています。

30年以上の長期返済プランでも、通常の住宅ローンの10年固定などと同じくらいの金利で、さらに事務手数料が半額で借りることができます。初期費用を抑えることができるので、とても助かります。

また、国の運営する機関が融資を行っているため、保証会社を利用する必要は無く、審査が比較的甘いと言われています。審査に不安がある、他の銀行で審査落ちしてしまったという方は、フラット35をトライしてみてください。

kinri-schedule

住宅ローンの申し込み時期と、金利の決定のタイミングには注意が必要です。返済額に適用される金利は、契約時ではなく融資が行われた月の金利です。申し込みや契約を1月にしても、融資実行が2月になると、適用金利は2月の金利となります。住宅ローンは申し込みや審査などの手続きに1ヶ月以上時間がかかります。狙っていた金利と違っていた・・・とならないように、早めに手続きをすすめましょう。

ARUHI

15~20年 0.98 %
21~35年 0.98 %
事務手数料 借入額x1.08%

フラット35の専門ネット銀行。フラット35のシェアNO.1であり、フラット35を借りた人の4人に1人はARUHIを利用しています。専門家とうたっているとおり、フラット35の様々なサービスを取り扱っており、ユーザーの環境に合わせて柔軟に対応してくれます。最長50年返済ができるフラット50も取り扱っています。

特に、自己資金20%で金利が0.2%引かれるプラン(ARUHIスーパーフラット)があり、国内で最も安くフラット35を借りられます!

また、ARUHIは審査が非常に速く、審査が比較的あまいという口コミも集まっています。他の銀行で審査が落ちてしまった時の滑り止めとして、申し込んでおくという人も多いです。

  • 自己資金20%で金利0.2%引き!
  • 仮審査:最短当日
  • 本審査完了:最短3営業日
  • 審査があまいと人気◎

ARUHI公式HP

楽天銀行

15~20年 1.1 %
21~35年 1.15 %
事務手数料 借入額x1.08%
借入額x0.756%(借り換え)

安いが売りのネット通販のノウハウを住宅ローンにも活用し、非常に低い金利でサービスを提供しています。楽天銀行に口座を持っているとコンビニATMが無料で使えたり、楽天ポイントに特典がつくなど、生活密着型のサービスが特徴。

また、楽天銀行フラット35は借り換え時の事務手数料が大きく割引され、借入額x0.756%となります。フラット35の借り換えなら楽天銀行がおすすめです。

  • 長期固定金利が安いフラット35
  • 借り換え特典で事務手数料が割引
  • 楽天ポイントが3倍

楽天銀行公式HP

住信SBIネット銀行

15~20年 1.1 %
21~35年 1.15 %
事務手数料 借入額x1.08%※1

フラット35業界NO.1の低金利。事務手数料も借入額x1.08%※1と、通常の住宅ローンの半額で借りられます。35年の長期借り入れも、非常に低い金利で借りられます。はじめてフラット35を借りる方には住信SBIネット銀行がおすすめです。

  • フラット35業界NO.1の低金利
  • 事務手数料が通常住宅ローンの半額
  • 三井住友信託銀行のグループ会社でサポートも充実

住信SBIネット銀行公式HP

短期返済・借り換えなら変動金利

金利が非常に安くて魅力的な変動金利ですが、返済額が増えてしまうかもしれないデメリットを持ちます。借入金額を抑え、短期返済にすることで変動金利のリスクを最小限に抑えましょう。目安として、借入額2000万円以下、または15年以内の短期返済の方には変動金利がおすすめです。

今借りている住宅ローンを、もっと安いプランに借り換えたいという方にも、変動金利がおすすめです。金利の低い変動金利なら、返済額をグッと減らすことが可能です。

住信SBIネット銀行

変動(新規) 0.457 %
変動(借り換え) 0.439 %
10年固定 0.74 %
事務手数料 借入額x2.16%

ネット銀行住宅ローンの最大手。変動金利は業界最安値の金利に加えて、170万円相当の全疾病付き団信が無料とサービスも充実。短期間の返済プランの方、借り換えを検討している方には、住信SBIネット銀行の変動金利プランをおすすめします。

  • 業界NO.1の低金利で借り換えがお得
  • 170万円相当の全疾病付き団信が無料
  • 三井住友信託銀行のグループ会社でサポートも充実

住信SBIネット銀行公式HP

じぶん銀行

変動(新規) 0.457 %
変動(借り換え) 0.457 %
10年固定 0.61 %
事務手数料 借入額x2.16%

三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資する、ネット銀行です。変動金利の安さが魅力で、特に借り換えユーザーにおすすめの住宅ローンプランです。

じぶん銀行の最大の売りは、がんと診断されたら残ローンが50%完済される、「がん50%保障」が無料で利用できることです。

また、手続きをオンライン上が全て行うことが可能で、郵送の手間や収入印紙の購入をする必要がないの嬉しいです。

  • 変動金利の安さNO.1
  • がん50%保障が0円
  • 資金移動が0円
  • 収入印紙が不要

じぶん銀行公式HP

じぶん銀行

変動(新規) 0.57 %
変動(借り換え) 0.57 %
10年固定 0.69 %
事務手数料 借入額x2.16%

ショッピングモールを全国展開するイオングループの運営するネット銀行です。変動金利の安さが強みで、借り換えを検討している方におすすめの住宅ローンです。

イオンの各店舗に支店があり、相談やATMの利用がしやすいというのは、ネット銀行の中では非常に珍しいです。住宅ローンの返済のみではなく、メインバンクとしても利用でき、家計の管理もとても楽になります。

イオン銀行で住宅ローンを借りると、イオンカードがゴールドカードに格上げされ、イオングループの買い物が5%割引、イオンラウンジが無料で利用できるようになるといった特典もあります。お客様感謝デーでは通常の割引と合計して10%OFFになりますので、イオンでお買い物をすることが多い家庭におすすめします!

  • 変動金利が安く借り換えにおすすめ
  • イオンの買い物がすべて5%OFF!
  • イオンモールに支店があり、相談やATMが便利

イオン銀行公式HP

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です